VR News .JP (α)

バーチャルリアリティに関係する(個人的)ニュースサイトです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】360度撮影のドキュメンタリー映画「Zero Point」配信開始

zeropoint1.jpg

Oculus専用用のドキュメンタリー映画「Zero Point」の配信が10月28日より、Steamで始まっています(1480円)。20分ほどの内容で、Oculus VRのパルマー・ラッキー氏などが登場しVRの未来について語ると同時に、さまざまな360度撮影した動画映像が流れる実験的なものです。

サンフランシスコ市内、米軍の訓練の様子、バッファローのいる草原、ビーチ、結婚式を迎えた花嫁、E3の会場など、様々な場所を撮影している映像を見ることができます。感想としては、360度を撮影した動画は、今後、主流になってくる可能性が高いと感じさせるには十分なものでした。デジタルカメラが最初に登場したときに感覚が似ているように思いました。
Oculusをかぶって、360度映像を見た時の世界の説得性は高く、写真や動画では得られない感覚を得ることができます。現状は、撮影しているカメラの解像度や、Oculus DK2のハードの解像度の限界もあって、そこにいるかのような臨場感を得るまでには至りませんが、その段階にたどり着くまでには10年はかからないのではないでしょうか?

360度動画で様々な記録を残したいというニーズは、まだVRを経験していない一般の人にまで、広く今後確実に高まってくるだろうという確信させる説得力は十分にある内容でした。

zeropoint2.jpg


まだまだ、どうすれば有効な構図が撮れるのかなどのノウハウの蓄積が不足しているように感じられ、映像として物足りなく感じる部分もあるのですが、そうした点もだんだんと改善されていくところなのだろうと思います。


ただ、現在のバージョンには大きな問題があります。私の環境では、音声と映像とのシンクロができておらず、映像よりも音声が先に流れてしまうという致命的な欠点を抱えていました。そのため、映像に合わせて音声を聞けていないので迫力は半減という感じです。バージョンアップを待ちたいところです。また、20分で15ドルはちょっと高いかなという批判も感想では出ています。インタビューの内容も、VRの未来は楽しみだ…のようなシンプルなものです。

それでも、新しい映像体験をして、将来への変化を先取りしてするには十分のように思います。

Source Steam, Condition One

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。