VR News .JP (α)

バーチャルリアリティに関係する(個人的)ニュースサイトです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【まとめ】Oculus Connect 中継動画YouTubeリンク

19〜20日のOculus Connect、18〜21日の東京ゲームショウと、Oculusや、SumsungのGear VR、SCEのProject Morpheusなど、関連するニュースが次々に登場していて、目移りしている感じです。まだ、さらに新しいニュース報道が続いている状態の印象がします。

Oculus VRのコミュニティを大切にしようとしてくれている姿勢を強調してくれていたりというのは、ずいぶんと好感を感じると同時に、コミュニティの支持のない技術革新は、現在ではあり得ないんだなと思いもしました。

一方で、Crescent Bayの登場により、Oculus VRはハイエンド路線を取っていく方向性が強く見えたようにも感じられます。DK2が出たばかりなのに、なに、このお預け感…。ギズモード・ジャパン「最新Oculus Rift「Crescent Bay」をトライ、またも圧巻」を読むとますます感じます。


とにかく、私はMichael Abrashのキーノートに感動しました。
テクノロジーのタイミングとして、スマホの性能の向上があり、十分にVRが再び盛り上がるタイミングなっていることを説明し、「Presence(実在感)」とはなんであるのかを短く的確に説明し、90年代にFPSで起きた技術革新と重ねる形でVRがコンピュータテクノロジーの方向を変えることを紹介し、VRが一時的なブームに終わるものではないことを論じる。さらに、今後の課題点を投げかけ、Oculus Research の立ち上げを発表するなど、10年以上のスケールで、社会に与えていく影響を垣間見させてくれるものでした。

とりあえず、YouTubeに、中継された講演がアップロードされていますので、貼り付けておきます。Googleの自動文字起こしが、追いついてきてくれているのですが、なぜか音と表示がずれています。カーマックのは対応してくれるのかな?


2014 Oculus Connect - First Two Keynotes - Iribe and Abrash


Keynote by John Carmack at Oculus Connect 2014

カーマックの講演は、カーマックらしいなあと思って聴きました。早口で息継ぎなしで、専門用語をぽんぽん使いながら話すのは、彼のいつもの流儀で、過去のGDCの講演も、英語圏の人でもさっぱりわからん、という人が多数の人です。タイムワープの概念とか、レイテンシーを効率よく引き上げる新しい方法があるだろうというアイデアなど、おもしろく聞きました。とても、メモはとれたものではなく、ソフト側の人間には直接関係なさそうは話も多かったようには思います。
ただ、カーマックが90年代後半に、ビデオカードメーカーの戦略に大きく影響を与えたその片鱗を再び垣間見ることができました。


2014 Oculus Connect - Fourth Keynote - Group

この講演は、ざっくりとギズモード・ジャパン「どんなコントローラがVRゲームにはいいのか、Oculusも悩み中」にまとめられています。


検索していたら、5月にMichael Abrashが、カーネギーメロン大学で講演した動画がアップロードされていました。Oculus VRに移って、初めて公の場で講演したものだそうです。参考として。


Why Virtual Reality Isn't (Just) the Next Big Platform : Michael Abrash & Dov Katz of Oculus VR

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。