VR News .JP (α)

バーチャルリアリティに関係する(個人的)ニュースサイトです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レポート】VRは一度組み込むとゲームのより本質的な要素になってくる〜スペースシム「Star Citizen」の開発者が語るVR

Jon Dadley
(講演するJon Dadly氏。画像は、Coatsink Softwareのツイートより)

9月11日に、イギリスで行われた、VRTGO conference 2014で、MMOタイプのスペースコンバットシム「Star Citizen」のOculus対応についての講演が行われました。講演者は開発会社のCloud Imperium GamesのVR エヴァンジェリストのJon Dadly氏。

そのメモがredditに書き込まれており、その内容を妙訳したものを公開します。元の原文から、意味がくみ取れない部分があるため、意訳や省略をしている部分があり、間違っている可能性もありますので、参考訳程度にご覧ください。

「Star Citizen」はKickstarterキャンペーンなどで、4000万ドル以上を集めることができたゲームです。現在は、PVPモードが公開されるなどしており、Oculus DK2対応をリリースに合わせて行っています。興味深いのは、「大手スタジオがOculusのスペックが固まることを待っている」と述べている点や、「VRを一度組み込み始めると、それがゲームにとって本質的な部分となる」という点でしょうか。



■以下 redditのメモの妙訳です


VRは現在ゲームのファーストパーソンビューの要素は的確にフィットしない。また、頭をコントロールするようなゲームの一部のシネマ的なシーン(船に乗る梯子を登ったり、椅子に座ったりするような)も同様だ。

シネマシーンではサードパーソンモードのカメラにすることで、ユーザーの3D酔いを起きないようにして、ゲームをクールに見せるアクションをするといった方法があると議論している。

ゲームの「シネマモード」では、大きな2Dスクリーンでプレイするようにするやり方もあるだろう。DK2でVRシネマを試した誰もがこれはすばらしいと言うだろう。基本的には、家でiMaxを見ているようなものだからだ。

会社のなかのVR支持者はいつも、VRにあまり賛同しない誰かに、VRは「とてつもない変化が起きるんだ」という主張を言いながら、彼らのVRの仕事を見せている。

Star Citizenで使う、スーパーエクストリームなディティールを持ったハイポリゴンモデルは、ゲームをVRで驚かせる機会を生みだす。

しかし、90fpsで動作する高性能のハードウェアを必要とするのではという懸念がある。ディティールが低いモードで、性能の低いローエンドのハードウェアでも、VRでフレームレートを高く維持するようにできる必要があるだろう(ハイレゾのコックピットに、ローレゾで他のすべてが動作するといったように)。

3DユーザーインターフェイスをVRに移行すると驚くべきほどによい。レーダーに奥行きを与えることができ、接触まで、どれぐらいの距離なのかを理解することができる。

私が、他の開発者から受けている一般的な印象として、VRはプロジェクトリーダーたちにとって最も重要視されていることではない。しかし、会社のなかのVRのファンたちによって、VRが組み込まれていっている。これは、「Eve Valkyrie」を始めたCCPも同様だ。

しかし、アセットが完全になり、VRに入れ込むことができるに従って、VR機能はゲームすべてにとって、どんどん本質的な要素になってくる。会社のより多くの人にとって、中心的なこととなってくる。

大手のスタジオは、我慢強くOculusの最終的なハードウェアのスペックが定まり、SDKと現実的に組み合わされるよう改善することを待ち続けている。

VRはゲーム全体をより「おもしろい」ものにする。ゲームを遊ぶのに、モニターでは感じられないような、細かいディティールに注目させるような感覚があるからだ。

Star Citizenのファンたちは、開発者にとって本当に重要だ。しかし、最終的な製品ができてないとしても、今、彼らが何を見ているのかを記憶しておくことはとても必要なことだ。


Source: reddit VR in Star Citizen from VRTGO conference 2014

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。