VR News .JP (α)

バーチャルリアリティに関係する(個人的)ニュースサイトです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ニュース】TGS「プロジェクトモーフィアス」用デモ「サマーレッスン」出展中止 コンテンツ内容への批判も

summerlesson.png

12日、ソニー・コンピュータエンタテインメントは、18日から始まる東京ゲームショウにPS4用プロジェクトモーフィアスのデモコンテンツ「サマーレッスン」の出展を中止すると発表しました。

バンダイナムコゲームスのUnreal Engine 4を基本環境として使っている鉄拳チームが開発しているため、本格的なキャラクターものがVRで表示されたら、どういう印象になるのか、非常に関心を持っていました。特にUnity系のものとどれぐらい印象が変わるのかを見てみたいと思っていました。特にアイマス好きの友人曰く、SCEのプレスカンファレンスの最初のアナウンス時に、鉄拳チームの原田勝弘氏の来ていたTシャツがアイマスなんだから、アイマス作ってないわけねーだろ、とも言われまして…。

ただ、原田氏のTweetの通り、もし1台1日50ー70名しか体験出来ないとすると、1〜2台の設置ではとても、10万人が押しかける東京ゲームショウでは、とても被いきれない感じですね。その数ですと、マスコミ対応だけで終わってしまいます。

1プレイ5-6分かかるので1台につき1時間最大でも10名になってしまう(もし1台だと1日50ー70名)。SCEさんに台数増加を打診しましたが、そもそもHMDは開発中の機材なので数は少なく、他のタイトルとの兼ね合いと、何よりもブースのキャパシティを考えると難しいとのこと。


Source: TwitLonger

一方で、センサーシップの問題も提起することになりました。果たしてVRコンテンツで性的な印象を与えるコンテンツをどこまで提供して良いのかという問題です。米Business Insiderが報じていますが、画像のキャプションに「潜在的に議論のあるカメラアングル」として女子高生を性的な対象としていることに批判的なニュアンスで書いています。

People Are Complaining About The Anime Schoolgirl Sony Used To Demo Its VR Headset

日本は性的なコンテンツに比較的寛容な部分がありますが、その常識はグローバルでは通用しない部分もあるため、注意が必要だった点だったのかもしれません。今後、VRと性の問題は、様々な形でクローズアップされると思われますが、きっかけの一つとしても記憶されていくことになると思われます。

とりあえず、私も「サマーレッスン」は次の機会待ちです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。