VR News .JP (α)

バーチャルリアリティに関係する(個人的)ニュースサイトです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【デモレビュー】UE4のデモショーケース的な美しいライド「Senza Peso」DK2版リリース

senza-preso-virtual-reality-mini-opera-oculus-rift.jpg

Senza Peso a mini OperaのDK2版がリリースされました。これは新しい音楽と映像表現を実験しているアーティスト Kite & Lightning の実験映像とともに、Unreal Engine 4を利用した、ライド形式のVRデモです。

「Senza Peso」DK2版ダウンロードリンク(EXEがダウンロードされます)

すでにDK1版はリリースされていたのですが、米シアトルで開催されたゲームイベントPax Primeに合わせて、DK2に対応したバージョンが、Unreal Engineの開発元のEpic Gamesによりサポートを受ける形で、リリースされたということのようです。

senza-preso-vr-mini-opera-oculus-rift.jpg

映像は約5分間のライドで、スタートすると、オペラ的な音楽がかかり、光り輝く木に向かったと思うと、小舟に乗り、雪が降る謎の場所や、祈りを捧げているような人がいるところ、地面が燃えさかるところと場面を変えながら移動していくというものです。

さながら、Unreal Engine 4のデモショーケースのようなものにもなっており、光や炎のパーティクルや、ライティング、実写との合成など、Unreal Engineの特性がよくわかる映像がたくさん出てきます。


動画はRoad to VRの初期DK2版のレビューのもの

プレイするためには、開発元 Kite & Lightningのアプリを通じて、デモをダウンロードする仕組みになっています。

起動後、映像の選択画面になるのですが、DK2で見る場合には、ディフォルトが1280X800になっているため、1920X1080に切り替えて下さい。

映像はFASTERか、BETTERを選べます。BETTERは結構な能力を要求し、私のゲーミングPCでは、首を振るとぶれがわずかに出るため、75fps出ていないと思います。FASTERだと快適にみることができました。

Source: Road to VR

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。