FC2ブログ

VR News .JP (α)

バーチャルリアリティに関係する(個人的)ニュースサイトです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ニュース】Oculus VRが Samsung Gear VR Innovator Edition を発表 プレスリリース全文参考日本語訳

Oculus VRが Samsung Gear VR Innovator Edition を発表しました。サムスンのGalaxy Note 4を装着する「ヘッドマウントアクセサリ」製品です。

今後もOculus Connectに向けて、多数の発表が行われると思われますが、英文のプレスリリースの全訳をお送りします。意訳をしているぶぶんがあったり、一部誤訳が混じっているかもしれないので、多少は目をつぶる感じで、あくまで参考訳としてお読み頂けるとありがたいです。

スペックの説明の部分がやたら詳細なカーマック節が炸裂していて、変わってないなあ、と個人的には感想を持ちました。また、やはり早期に、コンテンツ配信市場の立ち上げに動いてきましたね。



Samsung Gear VR Innovator Edition を紹介します
10月3日 PDT Oculus VR

興奮しながら、Samsung Gear VR Innovator Editionをお知らせします。新しいモバイルのバーチャルリアリティのヘッドセットで、サムソンが制作し、Oculusが開発協力したものです。

blog_hero_withLogo.jpg

過去の12ヶ月以上にわたり、サムソンと未来のモバイルのバーチャルリアリティでコラボレーションをしてきています。優れたVRが、次の世代のモバイルハードウェアで可能だとも思われたときに、プロジェクトは実験的に開始されました。Oculus CTOのJohn CarmackとOculusのモバイルチームは、非常に短い時間に、誰もを非常に納得できるほど、何か特別なモノにできるとすぐに証明できました。


carmack_ie.jpg

ジョン・カーマックがサムソンのUnpackで最新の Gear VR Innovator Edition で遊んでいるところ

Oculusとジョン・カーマックとモバイルチームは、昨年から、この努力の先鞭を始めていました。新しいOculus Mobile SDKを開発したり、バーチャルリアリティのために、アンドロイドや基礎となるGPUドライバーの最適化を開発している間に進められていました。いくつかのキーとなる改良点があります。

・専用のKemel driverを使ったカスタムで調整されたセンサーを認めている
・リアルタイムにクロックレートを保証するマルチスレッドアプリケーションのプロセスを可能にする
・コンテキストにGPUのレンダリングを優先順位をつける、非同期性アルゴリズム手法のtime warpを可能にしている。
・ミニマムレイテンシーのために、ディスプレイの表面に完全にバッファがないことをやりやすくしている
・改良された快適さ、ビジュアルの安定さ、モーションブラー/ジェダーのために、 low-persistence display modeをサポート

Gear VRは新しいOculus Mobile SDKで動作しています。完璧にアクセラレートのためにヘッドセットに、Ultra low-latency 3DOF trackingというOculus TrackerとFirmwareのバリエーションも使っています。深い end-to-endのハードウェア、ソフトウェア、firmwareの最適化なしに、品質なモバイル体験を提供することは不可能です。その結果から、DK2で、最も高度に最適化した体験と、だいたい同じようなことができる、sub-30 ミリセカンドのモーションから光のレイテンシーを達成できるようにしました。

また、Innovator Editionは、Oculusによって4つの構築した新しい体験と立ち上げます。Oculus Home、Oculus Cinema、Oculus 360 Videos、Oculus 360 Photosです。

blog_oculus_cinema_small.jpg

Oculus Cinemaのスクリーンショット

・Oculus Homeは、あなたが調べ、ダウンロードし、VRコンテンツを起動する、Oculus Storeに接続するためのシンプルなインターフェイスです。
・Oculus Cinema はバーチャルムービーシアターです。様々なシアター環境から、お気に入りの3Dと3Dの映画を見ることができます。
・Oculus 350 Videos とOculus 360 Photos はVRのパノラマ的なコンテンツを見ることができる体験ができます。

これらのアプリケーションは、実質的にはβ版です。われわれは私たちが進歩させアップデートを続けていきます。詳しい詳細は、プロダクトのローンチが近づいてきたら、プロジェクトの全体の詳細を明らかにする予定です。

blog_oculus_store_small.png

Oculus Home スクリーンショット

Mobile VRはまだ始まったばかりです。鍵となる挑戦のいくつかは、6DOFポジショナルトラッキングうが搭載されていないことや、今日のハードウェアのCPU/GPU bandwidth では、発熱の管理、電力消費、全体のエルゴノミクスに限界があることです。しかし、われわれは早期に改善していきます。Innovator Edition はまだ始まったばかりです。それでも、今日のデバイスの体験には、とても驚いています。

完全なポータブルでワイヤレスのVRヘッドセットの魔法は、私たちが経験するまで、過小評価されがちでした。われわれは、ハイエンドのゲーミングPCの強力な計算能力を(現状は)持っていません、しかし、価値のある非常に興味深いトレードオフによる価値のある埋め合わせがあります。そして、特にモバイルのエコシステムの急速な成長ペースが改良をしていくことによって、多くのデベロッパーは、プラットフォームによって成長するでしょう、

最も中心的なことは、バーチャルリアリティは現実のリアリティの限界から自由にすることができることです。あなたがバーチャルリアリティを運ぶことによって、いつでも、どこでも、望むなら質の高いよりよい体験にジャンプすることができるのです。

Mobile VRを経験することは、あなたが完成された最初のデスクトップで、VRの体験を最初に触るときのようなものです。未来から何かを垣間見ることができる感覚があるのです。これはリアルが生み出したサイエンスフィクションです。そして、始まりに過ぎないのです。- John Carmack, Oculus CTO

gear_vr_headset.jpg

Gear VR Innovator Editionについては、http://www.samsung.com で詳しく知ることができます。ヘッドセットはこの秋に開発者や熱狂的な人たちが手に入れられるようになります。Oculus Mobile SDKは 10月の終わりの前に、Oculus Developer Center で一般公開します。オンラインの情報はすべての人に提供されます。

私たちは、モバイルプロジェクトが、Riftの計画や(愛している)PCへのコミットメントに変更がないことを強調したいと思っています。私たちはパフォーマンスの限界を引き上げていきますし、PC用のRiftの価値を高めることを続けていきます。一方で、プラットフォームとしてモバイルの強さの影響力を使うことで、広い聴衆に広がることを可能にする参加のための最も低い障害の入り口にすることで、より広い聴衆がVRを使えるようにしてしていきます。

私たちはすでにOculus Rift向けに開発をすでに行っている開発者に、Gear VRを試すチャンスができ次第、試してもらうことをおすすめします。VRの未来の鍵の一部はモバイルだと信じています。あなたがデバイスのために作る何かを見ることをとても楽しみにしています。

このアドベンチャーはプロジェクトのとても長い間隠し続けてきましたが、私たちはついにあなたと共有できたことを興奮しています。今や言葉は発せられました。Mobile VR のニュースを近々発表することを用意しています。引き続き注目して頂ければと思います。

– The Oculus Team

Source: Oculus VR

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。