VR News .JP (α)

バーチャルリアリティに関係する(個人的)ニュースサイトです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ハウツー】Oculus DK2でYouTubeのいろいろなゲームのプレイ動画を立体視で見る方法

Project CARS on Oculus Rift DK2

Oculus Riftはそもそもの原理を考えたら、1枚の有機ELパネルを左右に違う映像を出力していて、それをレンズを通して3D立体視ができるように見せている仕組みだったと今さら気が付きました。ということは、ゲーム中で、リアルタイムレンダリングされている映像だけではなく、YouTubeに多数アップロードされている、Oculusに出力されている画面をキャプチャーしたプレイ動画も、そのままOculusに表示すれば、3D立体視映像を見ることができるはずだと考えました。

今遊べるゲームを、片っ端から買っていくのも辛いなあと思い始めたのと、現状、早期予約購入者にしか、α版等が渡されておらず、入手困難なゲームが対応しているものがあったりして、どんな映像なのか雰囲気をつかみたいという目的から、試したいと思いました。

実際にやってみますと、簡単にできてしまいました。描画も映像の60fpsのはずなので、それぞれのアプリの完全な体験とは言えませんが、HD画質であることが大きいのか、そのゲームがどんなVR体験をさせてくれるのかを、把握するには十分に使えるという印象がしました。

以下、その操作方法と、試した動画を紹介します。


■動画再生の操作手順
動画を見るための、操作手順は若干トリッキーです。

・Oculus DK2をExtended Modeにする
・メインスクリーンをパソコンのモニター側に設定して、ブラウザを起動
・パソコンのモニターに表示されるブラウザで、YouTubeの動画を表示
・YouTubeの動画を、HD画質(選択できれば1080p)にする
・動画を再生開始
・[Windows]キー+[→] 2回押しで、メインモニターからセカンダリーモニターにブラウザの画面を移動
・ブラウザのタブをつかんで、マウスで、セカンダリモニター(DK2)にスライドさせる
・YouTubeの再生中のどこかの画面をダブルクリックで全画面化
・ものすごい見えにくいですが、レンズ越しに何とか「全画面モードを選択」

(通りすがりさんから、ショートカットをご指摘頂きました。より楽に表示できます。ありがとうございます)

これで、YouTubeの動画を、3D立体視映像として楽しむことができます。DK2はハイビジョンに対応しているのはご存じの通りなので、見えている画面は、実際のゲーム画面とあまり違いはないと思われます。

やめて他の映像を見るときには

・Escキーで全画面表示を中止
・[Windows]キー+[←] 2回押しで、セカンダリーモニターからメインモニターからブラウザ表示を移動
・再び、ブラウザのタブをつかんで、ブラウザをメインモニターに移す
・別の映像を選択して、再びブラウザをDK2のモニターに持っていく


注意点として、「3D酔い」が来やすいです。他の人の予測できない頭の動きで画面を見ていることになるため、Oculusが引き起こしやすい3D酔いの条件を充たしているためです。映像を見ている最中に、3D酔いの感じが来たと思ったら、速やかに中止するようにして下さい。

■3D立体視が実現できるゲームプレイ動画
次に、実際に試した動画を5本紹介



Project Cars
家庭用ゲーム機にも発売が予定されているレースゲーム。8月8日にSteamで早期販売を行っていたユーザーに提供されているビルド版がDK2に対応。11月に正式発売の予定で現在は、入手する方法なし。PS4の発売も予定されているため、家庭用ゲーム機水準で作られたゲームがDK2でみるとどういうイメージになるのかが参考になります。




War Thunder
第一次大戦から、第二次大戦にかけての陸海空MOマルチコンバットゲーム。映像は、プロペラ機によるドッグファイト。β版が公開中でアイテム課金モデルなので、無料で導入化。農村風景が果てしなく広がっているのがいい感じです。




Battlefield 4
ソフト側が対応しているのか、何かのツールをかませているのかは判断付かなかったのですが、シングルキャンペーンの様子です。多分、実際に見えている映像よりも縦長に映像が録画されているように見えます。んで、FPSは視点がコロコロ変わるのでカットシーンパートでさえ酔います。長時間はおすすめできないです。




Live for Speed
レースゲームシムで、F1とAIカーで走っている録画。映像では「感動した」とか言っているのですが、この動画は酔う感じが来ます。どうも、F1は速度が速いので、画面の変化が速いためではなかろうかと思います。酔いが来る方は、他の動画を試された方がいいと思います。導入方法は過去のレビュー記事をご参照下さい。




Star citizen
宇宙船シム。Elite: Dangoursのように将来的にMMO化するようですが、戦闘パートが今はプレイ可能です。40ドルでβ版が販売されています。実際の画面をどの程度差があるのかは、不明なのですが他の動画も含めて動画はあまり立体感を感じられず、平べったい感じがします。多分、画像が720pだからではないかと思います。


その他の動画でも、2画面撮影しているものは、Oculus DK2でちゃんと立体視の像を造ります。動画を見ている最中は、思わず頭を動かしてしまいますが、もちろん、ヘッドトラッキングには対応していませんのでご注意を。

■DK2のプレイ動画の役割は大きくなっていく気がします
プレイヤーの視点が比較的前方に固定されている、レースゲームや、フライトシムでは、あまり酔いが来ないので、他のユーザーが見ても酔わない動画の作り方というノウハウも確立されてきそうです。

今後、こうした2画面撮影のプレイ動画は増えていくのではないでしょうか。DK2モードの表示ができているものを、ハイビジョンVR動画を録画して、YouTubeにアップロードすれば、アプリ自体をダウンロードするよりも、お手軽に紹介することができます。

開発側も、アプリをアピールするための1つの手法として、一般化してきそうな気がします。ユーザーにとって、ゲームを購入するかどうかを決める際に、かなり参考になるはずです。

遠からず、DK2用のVR動画を見ることができるサービスを、Oculus VR自身が始める、もしくは、YouTubeにそうした機能が追加されていくということが起きるのではないでしょうか?

コメント

ショートカット

>・ブラウザのタブをつかんで、マウスで、セカンダリモニター(DK2)にスライドさせる
[Windows]キー+[→] 2回押しで、メインモニターからセカンダリーモニターに移動できますよね。
戻るときは[Windows]キー+[←] 2回押し。

>・ものすごい見えにくいですが、レンズ越しに何とか「全画面モードを選択」
Youtubeは再生中の画面をダブルクリックで全画面モードになります。戻るときはESC。

  • 2014/08/28(木) 21:43:28 |
  • URL |
  • 通りすがり #mQop/nM.
  • [ 編集 ]

ありがとうございます。この5年あまり、Macメインのユーザーだったので、そうしたショートカットキーの常識を知りませんでした。使い勝手が面倒でどうしたものかと思っていたのですが、とても助かります。ありがとうございます!

  • 2014/08/29(金) 00:00:28 |
  • URL |
  • shin #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。