VR News .JP (α)

バーチャルリアリティに関係する(個人的)ニュースサイトです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ニュース】Oculus Share とは違うコンテンツ配信サービス「Oculus Acade Market」が登場

The Rift Arcade Market | Download buy Oculus Rift DK1 DK2 games

25日、VRの情報サイト米The Rift Arcedeが独自のコンテンツ流通プラットフォームのThe Rift Arcade Marketを立ち上げました。Oculus Shareとは違うOculus VRの外部のマーケットです。登録するゲームアプリは、自由に値段設定ができるようです。

ゲーム、デモ、ソフトなどの審査をうけることなくアップロードすることができ、投稿したユーザーは、ダウンロードの統計情報を得ることができます。ゲーマーが一度購入したタイトルは、簡単な手順で、再ダウンロードすることが可能です。


The Rift Marketのスタートに合わせて、このサイトでダウンロードできる2つの独占的なデモ Discovering SpaceFaceted Flight をリリースしています。
また、最近のデモである Titans of SpaceCaffeineDon’t Let GOroboBLITERATIONに、All Birds Must Dieのフルバージョンも公開されています。

Discovering-Space-Art.jpg
Discovering Space

Faceted-Flight.jpg
Faceted Flight

なぜこのサービスを開始する必要がある理由として、作られたデモが、ユーザーが用意したDropboxなどに置かれ、そこにリンクした形で置かれていることが行われているため、実際にはダウンロードできないといったトラブル等が起こりやすいとの事情を上げています。「Oculus Shereはよくできているが、中心的なデータ貯蔵庫になっていない。そのために、サイトが更新されアップデートしてもそれが認められるまでの時間を待たなければならなかった」
「The Rift Arcade Marketは、中心的なサーバにゲームを集めて、ダウンロードできるようになっている。チェックシステムがないため、すぐにアップデートをすることができる」と発表を述べています。


新しいハードが出てくると、その市場展開の可能性を求めて、新しいコンテンツ流通プラットフォームが立ち上がることは過去にも起きています。Indiependet Gameの世界では、Steamが圧倒的な世界シェアを取っていますが、それ以外にもいくつもコンテンツ配信サービスが存在しているのが実情です。

Oculus VRは、独自にOculus Shareとは違ったコンテンツ流通プラットフォームを用意していると考えられるため、それがリリースされるまでの間隙を縫って、プラットフォームとして存在感を得られるのかという勝負になりそうです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。