FC2ブログ

VR News .JP (α)

バーチャルリアリティに関係する(個人的)ニュースサイトです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【デモレビュー】「となりのトトロ」のバス停シーンを再現「My Neighbour Totoro VR」

「となりのトトロ」のワンシーンをOculus Rift DK2対応した「My Neighbour Totoro VR - The Bus Stop Scene」が公開されています。お父さんに傘を渡すために、五月とめいが、バス停で待っているというシーンですね。DK1でリリースされたものを、DK2に移植したもののようです。

1401782879397tf1yg6z85mi_1401785118572.jpg

開発キットが登場すると、二次創作なコンテンツは必ず登場しますが、自分が見知っているものを、別の視点から見ることができるかも、という可能性に惹かれて思わず、ダウンロードしてみたくなってしまいます。

画面は、五月の目線で、森の中に立っているところから始まります。周りを見渡していると背後から、ぺちゃぺちゃと、アニメでは見慣れた足音が。気がつくと、大きなサイズのトゥーンレンダリングで表現されたトトロが登城します。

おおー、トトロはこんなサイズで見えるのか、と関心します。傘を渡すと、傘を差して、ジャンプして、雨粒がどーんと降ってくるという展開。そして、最後にネコバスが登場して、ドングリの詰まった草袋を渡してくれて、デモは終了です。

1401782879397tf1yg6z85mi_1401785090328.jpg

完成度としては、決して高いものではなく、雰囲気を感じるデモ、クオリティはご愛敬というところです。

DK1向けにリリースされていたソフトの特徴で、ヘッドラッキングを前提とせず、キーボード操作が想定されていると思われるため、どうにも思うように操作をすることができず、最初は戸惑いました。トトロもトゥーンレンダリングされているものの、ポリゴン感はいっぱいする感じで、だいぶ微妙な感じ。

モデルとしては、ネコバスがよくできているのですが、やはり同様にポリゴン感から脱することができないのが限界があります。インタラクティブを持たせたドラマの悪い点ですが、途中、傘を渡さないと、トトロは次の行動に移りませんし、草袋をもらわないと、バスにも乗らないので注意が必要です。

ただ、作品への愛情はいっぱい伝わってくるデモです。

アニメなりの1シーンの再現デモが登場するのは、今後も楽しみですね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。